「死ぬくらいなら会社辞めれば」 ができない理由を読んでみた

電通に勤めていた高橋まつりさんがこの本を読んでいたら、過労自殺しなかったのでしょうか? ツイッターで30万リツートされた過労死漫画が書籍化されていたので読んでみました。 全160ページで厚さはこのくらいです。 著者は汐街コナ(しおまち こな)さん。 グラフィックデザイナーとして勤めていた広告制作会社がブラック企業で、本人が自殺一歩手前まで

続きを読む

「話を聞かない男、地図が読めない女」エッセンシャル版を読んでみた

あなたは「話を聞かない男、地図が読めない女」という本をご存知でしょうか? 少し前になるのですが、2002年に刊行され、オーストラリア在住のアラン・ピーズ夫妻が執筆した日本で200万部の大ベストセラーになった本。 発売当初に読んでですごく面白く参考になるなぁ、って思っていた本が図解入りのエッセンシャル版として発売されていたので思わず購入してしまいました。 大判で見や

続きを読む

「やせるおかず作りおき」オリジナルと発禁本比べてみた

出版大手の小学館が新生出版社が刊行した「やせるおかずの作りおき かんたん177レシピ」の販売停止を6月9日に申し入れ、合意が成立したとのニュースを見て早速2冊を買ってみました。 オリジナルの小学館「やせるおかずの作りおき」は、2015年に刊行され「やせおか」シリーズの第一弾としてベストセラーになっています。 一方、問題の「やせるおかずの作りおき かんたん177レシピ」は

続きを読む

堀江貴文「多動力」レビュー~これからの時代に一番大切なものは~

ホリエモンこと、堀江貴文さんの最新刊「多動力」を読んでみた。 228ページありますが、文字が大きく内容も読みやすくて速い人だと1時間、遅くても2時間で読み終えることができるので、あまり時間のない人にもお勧めです。 このくらいの厚さです。 「多動力」・・・いくつもの異なることを同時にこなす力。 ありとあらゆるものがインターネット

続きを読む