15分で50万円ゲット!山の中で見つけた宝物とは?

時給換算したら200万円? 岡山県で起こった宝さがしに町の人たちは躍起になっていたことでしょう。

そのお宝とは?

 

「アブー」をご存知でしょうか?

岡山県玉野市にある渋川動物公園にいたゾウガメ。

8月1日より行方不明になり、園内関係者が探しても一向に見つからず。

出典:http://shibukawazoo.sblo.jp/

 

たまりかねた園は警察に行き、警察犬に捜索を頼んだとのこと。

でも、「警察犬は人間しか探せない」との事であっさり断られ意気消沈。

 

その後14日に、見つけた人に懸賞金50万円をかけたものだから近隣の人たちは大騒ぎ。

夏休みとあって大勢の子供たちを含めて大人たちもゾウガメの「アブー」を探し始めた。

 

その2日後の16日午後2時半頃、「おったー!」と大きな声を上げたのは、岡山市の会社員・東内誠さん(39歳)の息子で中学3年生の晟さん(15歳)だった。(読み方は「あきら」でしょうか?)

 

場所は園から150mほど離れた雑木林の中で探し始めてから15分後に全長90センチ、体重55キロのゾウガメを見つけたとのこと。晟さんが園に知らせ、駆け付けた飼育員が「アブー」だと確認した。

出典:http://shibukawazoo.sblo.jp/

 

1日に逃げたので16日間の逃走劇。特に怪我はなく園に戻ってからスイカをパクパク食べたのだとか。

再会を喜んで泣き出す飼育員もいるほど・・・その間のエサはどうしたのでしょうか?

 

さて、発見した東内さん親子は園長より見事懸賞金50万円を受け取った。使い道に関してお父さんは「お腹が空いているだろうからアブーにエサを買ってあげたい。残りは貯金します。」とのこと。息子の晟さんは「夏休みの思い出になった」と嬉しそうに話していた。

 

夏休みが終わったら、きっとクラスでヒーローですね。

それにしても、見つけたのは息子さんなのに、お父さん貯金してしまうのでしょうか? 息子さんにも何か買ってあげたら?なんて余計なお世話も思ってしまいます。

 

何故、ゾウガメは逃げることができたのか?

あんなにゆっくりと歩くゾウガメが何故逃走したのか?

実はこの渋川動物公園は「自然のままの野山を散歩する感じ」を目指していて動物との触れ合いを大事にしている動物園なのです。

実はこの「アブー」は放し飼いになっていたそうです。動物園のどこかに隙間があったのですね。

でも、今回の一件でアブーの放し飼いは終了だそうです(涙)。

ケヅメリクガメやカピバラと一緒に柵がついた場所に引っ越しだとか・・・

冒険も善しあしですね。

 

でも、あれだけ世間を騒がせた「アブー」が見つかってよかったですね。

夏休み後半の来園者も、きっと増えることでしょう。50万円以上の宣伝効果があったかな?




コメントを残す