藤井四段が30連勝かけた対戦相手はイケメン過ぎ?

一体だれが止めるのか?

藤井聡太四段が6月26日に連勝記録を歴代1位の29にのばしたニュースが飛び交う中、早くも次の対戦相手の話題に。

30連勝をかけた対戦が7月2日午前9時30分からおこなわれるが、その相手が佐々木勇気五段(22歳)だ。

何が話題かって、彼結構なイケメンなのです。

出典:https://www.shogi.or.jp/player/pro/280.html

 

 

佐々木勇気五段ってどんな棋士?

1994年8月5日生まれの現在22歳です。
生まれはスイスのジュネーブで1歳半までフランスに住んでいました。その後埼玉県三郷市に移り住んでいます。

10歳の時に渡辺竜王以来の小学生名人戦優勝を成し遂げ、2004年9月に奨励会に入会しました。

中学2年生の4月で三段に昇進し、当時は最速タイ記録を作り、16歳1ヶ月でプロ入りしています。

性格は「明るい」、「天然」、「天真爛漫」と評され、将棋界では愛されキャラで通っている。

高校時代はバスケ部に所属していて運動神経がよく、将棋連盟のフットサル部の試合で一人だけサッカー日本代表の青いユニフォームを着て一人で攻めまくっていたところ、渡辺竜王から「そこの青いの、守備にに回れ!」といじられたことから、通称「青いの」と呼ばれることがあります(笑)。

 

30連勝をかけた試合の行方は?

これはもう、誰にも分りません。神のみぞ知ることです(笑)。

ただ、昨年5月1日に第23回岡崎将棋まつりで藤井四段(当時三段)と佐々木勇気が対戦して、その時は佐々木五段が勝利しています(非公式戦)。

出典:https://twitter.com/suzukure06?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fgoromaru.xyz%2Fsasaki-5053

 

ただ、以前対戦して直近で負けた棋士のインタビューを聞くと、今の藤井四段は過去とは別次元の強さだと言っています。

果たして佐々木五段との対戦はどうなるでしょうか?

 

今回、藤井四段との対戦に関して佐々木五段にコメントを紹介します。

「藤井四段の対局を間近で見て、今の将棋界の盛り上がりを肌で感じました。私も刺激を受けていますが、周りの雰囲気にのまれずに連勝を止める気で臨みます。藤井四段の勝ちへと導く読みとスピードに凄みは感じますが、それに怯むことなく自分の将棋を指していきたいです。ファンの方には一生懸命考えている姿を見て頂きたいですね。熱戦に期待してください。」

 

今回もいい対戦、期待しています!!




コメントは受け付けていません。