祝!藤井四段 前人未到の29連勝は麺類の力?

将棋史上最年少棋士の14歳・藤井聡太四段が30年ぶりに公式戦連勝記録28を破り29連勝達成。おめでとう藤井四段!!

6月26日渋谷区の将棋会館でおこなわれた竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段を91手目で勝利した。

出典:http://kifulog.shogi.or.jp/ryuou/

 

相手の増田四段は19歳でプロ棋士の中で藤井四段と2人しかいない10代の棋士。

過去の対戦成績は1勝1敗の五分。増田四段は年下に負けたのはいままで藤井四段だけとの事で、今回の対戦には相当気合が入っていたそうです。

 

藤井四段のおかけで巷では、将棋以外にもいろいろとブームになっているものがありますね。

藤井四段が幼少期に遊んでいたスイス生まれの立体パズル「キュボロ」。いまではあっという間に売り切れになり、予約販売で半年以上待つようです。

 

藤井四段関連グッズ販売もすごいことになっていますね。
26日の対戦時の朝に将棋会館で売り出された「藤井聡太クリアファイル(324円)」は、1,000枚があっという間に売り切れになり、以前発売された座右の銘入り扇子やクリアファイルはネットで高値で転売されている。

 

対戦の時の食事も話題になっていますね。

ちなみに29連勝達成時の食事は、

昼食がみろく庵の「ぶたキムチうどん」(950円)

出典:http://kifulog.shogi.or.jp/ryuou/

 

 

夕食は、紫金飯店の「わんたんめん」(850円)

出典:http://kifulog.shogi.or.jp/ryuou/

 

ちなみに夕食は最初五目チャーハンを注文したそうですが、売り切れとの事でわんたんめんにしたとのこと。勝利の要因はこのわんたんめんの力だったのかな?(笑)。

 

この2か所のお店も絶対人気出ますよね。
29連勝達成時の食事で非常に縁起がいい感じがします。

 

それと意外と知らなかったのですが、将棋の対戦ってすごく長いのですね。
NHKで放送している将棋を見ると、すぐに「10秒、20秒、1・2・3・・・」とはじまるのですぐに指しているイメージなのですが、今回の対局では一人当たりの持ち時間が5時間。

朝10時に始まり昼頃のニュースで結果が出るのかな?なんて思ったら大間違い。
結局終わったのが夜の9時20分くらい。ものすごい長丁場なのですね。これは結構体力いります・・・

 

それにしても藤井四段の活躍からは目が離せません。

次の対局は7月2日佐々木勇気五段(22歳)と30連勝をかけて行われます。

もうこうなったら優勝してほしいですね。

ちなみに優勝すると、賞金4,320万円だそうです。

そうなれば「日本で一番稼ぐ14歳」の称号がつきますね(笑)。

頑張ってほしいです!!

 




コメントを残す