福岡母子殺害事件 犯人は警察官の夫か?

2017年6月6日 福岡県小郡(おごおり)市の住宅で、母と子供2人の遺体が見つかった事件で、福岡県警は8日、殺人容疑で福岡県警地域部通信指令課勤務の巡査部長、中田充容疑者(38)を逮捕した。

母親自殺の無理心中と考えられていた

今回遺体が見つかったのは、中田由紀子さん(38)と涼介君(9)実優(みゆ)さん(6)の3人。

小学校から涼介君と実優さんが登校していないと中田容疑者に電話が入ります。

その連絡を受け、中田容疑者は由紀子さんのお姉さんに連絡をして自宅を見に行くように伝える。

自宅に着いた姉は3人の遺体を発見し110番通報。

福岡県警は「変死容疑事案が発生」と発表し、「無理心中の可能性がある」と報道陣に説明した。

無理心中というのは、事件当初、現場の状況に加えて中田容疑者が「妻は育児に悩んでいた」と説明していたことなどから、母親・由紀子さんが子供を殺害後に練炭自殺した。と考えられていた。

 

つじつまの合わない説明・・・逮捕へ

しかし、司法解剖の結果、自殺の場合では出ない皮下出血があり、死因は首を圧迫されたことによる窒息死であると判明。福岡県警は殺人事件と断定し捜査本部を設置して中田容疑者を逮捕した。

 

(出展:Yahoo!ニュース)

 

中田容疑者は逮捕前、県警に対して6日午前6時45分ごろ家を出たが、その時は「3人とも寝ていた」と説明。たが、司法解剖の結果、子供2日は同日午前5時までに死亡していたとみられることが判明。

また、台所で倒れていた由紀子さんのそばには練炭があったが、肺からは練炭を吸ったとみられる煙は検出されず、死亡後に置かれていたと考えられる。

玄関は施錠されておらず、室内が荒らされた後もなく、第三者が侵入した強盗殺人とは考えられない。

 

これまでの時系列、練炭、外傷、すべてをふまえて中田容疑者はつじつまの合わない説明をしていた。

 

なぜこんな事件を起こしたのか、その動機は?

中田容疑者は2002年に福岡警察に採用され、勤務態度はいたって真面目。2年前に今の場所に引っ越してきて、近所の方の話によると、挨拶もしっかりして子供の面倒もよく見る「いいパパ」だったとの事。

それだけに、「なぜ?」という疑問が多い。

子供たちにも首を絞められた跡があったとのこと。

 

中田容疑者は現在容疑を否認しているが、もし本当にやったのだとしたら、なぜ?

 

事件発生の数日前には娘さんに自転車の乗り方を教えていたとの事。

 

それは何のため?

 

子育てに悩んでいたという、妻の由紀子さんとは何らかの揉め事やトラブルがあったのかもしれない。

それこそ、「殺してやりたい」と思うこともあったのかもしれない。

 

でも、子供まで殺害することはないでしょ!

 

子供には何の罪もない。

子供にはたくさんの可能性を秘めた明るい未来しかない。

 

その可能性を、未来を、自分の都合だけで道を閉ざしてしまうなんて絶対に許せない。

 

警察官だから、というわけではない。

一人の親として、子供の事を第一に考えることが一番大切なのではないでしょうか?

 

これから真実をはっきりさせて、本当にやったのであれば、しっかりと罪を償ってほしいものです。




コメントは受け付けていません。